〒885-0084
宮崎県都城市五十町1437-1
  お気軽にお問い合わせください。
0986-25-5611
FAX 0986-25-5675





 「食」はすべての基本です。人の身体は食べ物によって作られ、食べ物によって支えられています。身体によく、おいしい食べ物をセレクトし、お客様へご提供することが弊社の役割であると認識し、南九州のものを中心に、複数のアイテムを取扱っております。


 取扱い品(一部)

奄美の黒砂糖
 鹿児島県の奄美諸島で、南国の太陽をいっぱいに浴びたさとうきびの絞り汁をそのまま煮詰めて作った黒砂糖です。弊社が牛の取引で奄美を訪問した際、その美味しさに惹かれ、販売することになりました。
ほろりと口どけがよく、やわらかい食感で、コクのある甘味が特徴です。普通の白砂糖と異なり精製されていないので、ビタミンB1やB2、カリウムやカルシウムなどの各種ミネラル、アミノ酸などを豊富に含んでいます。
そのまま食べて美味しいのはもちろん、コーヒーやココアに入れて、菓子づくりや料理の隠し味として使うのもおすすめです。



押し麦
 押し麦とは、うるち性の大麦を精麦して、蒸気で加熱し軟らかくしたところをローラーで平らにしたもの。平たい形にするのは、水を吸いやすく、調理しやすいようにするためです。栄養的には食物繊維が特に豊富で、便秘、肥満、糖尿病の予防・改善に役立ちます。ミネラルではカリウム、カルシウムが豊富で血圧を下げ、女性に多い骨粗しょう症の予防にも役立ちます。
 弊社が取り扱う押し麦は、厳選された国内産の大麦を使用、加工もグループ会社の土持産業にて行っています。お米と一緒に炊いて、麦ごはんとして召し上がるのはもちろん、食感がよく、どんな味でも合う特徴を活かして、グラノーラやリゾッド、スープやサラダの具材として使っても美味です。



西郷どん味噌(せごどんみそ)
 国内産の厳選した大麦、大豆、食塩と仕込み水は地下125mから汲み上げた霧島山系の湧水で仕込んだ麦みそです。「西郷どん味噌」と書いて「せごどんみそ」と呼びます。商品名は味噌造りが上手だったという西郷隆盛にちなんだもの。製造は都城市の醤油味噌メーカー、ヤマエ食品工業です。都城市は島津家発祥の地で、江戸時代には薩摩藩だったこともあり、西郷どん由来の味噌づくりに取り組むことになりました。ヤマエ社によると、通常の同社の麦みその麹歩合(大豆に対しての麹の割合)が20〜25歩であるのに対して、西郷どんみそは麹歩合30歩と麦麹をたっぷり使用しています。麦麹をたっぷり使うことで甘酒のように麹の香りが立ち、すっきりした甘口のみそになっています。南九州のふるさとの味をお楽しみください。



都城茶(島津茶)
 都城島津藩主・島津筑後久茂公(第20代・現当主は29代)が藩医・池田貞記を山城宇治に派遣して製茶を研究させて以来、気候・風土に恵まれ霧深い都城盆地では茶業が盛んとなり、「都城茶」はこの地方の特産として生産されるようになりました。
薩摩藩内でも評判であり、「煎茶は都城・吉松・阿久根の三所を上、其の内の都城を以って最上とする」と「三国名勝図会」に記されるなど、こうした先人の偉業と地域特産とのつながりから、先代の島津久厚氏により、戦後の都城盆地に「島津茶園」が開かれました。
都城茶の中でも誉れ高い、「島津殿の茶(しまづどんのちゃ)」こと、島津茶園の島津茶を弊社では取り扱っております。上質な香りと旨味、甘みを心ゆくまでお楽しみください。



〒885-0084 宮崎県都城市五十町1437-1 TEL0986-25-5611 FAX0986-25-5675
Copyright © 2016 C-F Corporation. All Rights Reserved.